ダンゴッチ始めました!

満足感なのか、してやった感なのか?

城ヶ島で天使ダンゴ&オオアリモ、その他ハンミョウカスミミノウミウシ(どなたか教えてくれた!)などじっくり撮ってからのマッキーさんオススメ、神豚!

いわゆるジロリアンが集まりそうなメニューを眺め、とりあえず小豚の食券を。

隣を見るとPパイセンは辛味噌をボチっと。

U字のカウンターのみ。席でパイセンの隣を見ると、全顔から多量の水分を垂れ流しながら左手の箸でモヤシを持ち上げてる青年が。

眼下には洗面器くらいのラーメン皿が2つ。

1つ目はスープすら無い。

2つ目は残り30%というところ。

右手にはかなり湿っていると思われる大き目のハンカチ。

かすかに震えている。。。

そんな、ホラーとも思える光景を見てると

店員さんが「辛味噌の方、ニンニクは?」

Pパイセン「ニンニクニリ・・あ、ありで!野菜マシマシで!」

と。元気よく。

え?噛んだ?噛んだよね?

それはそのあとに続く呪いの言葉「マシマシ」を言うか言わないかの迷いから来てるよね??

ってか、言っちゃった!!?

もちろん、僕はフツーで。

30秒ほどでやってきた、あいつら。

まずは分厚いチャーシューが5.6重になり、麺を隠す。

パイセンのは更に野菜が天井に向かって伸びている。

かき分け、茶色い液体をすくい、運ぶ。

う、うまい!!

続いてやはり茶色い太めの麺。

ほんのり甘く、もちもち、うまーーーーい!!!

どれどれ7mmのチャーシュー。

こいつも重戦車級の破壊力。

負けられない。

隣を見るとパイセン、まだ野菜。

その奥にはまだモヤシを挟んだままの、好青年。

もちろん、右手にはハンカチ。

大きく一つ咳払いをして、モヤシをゆっくりと震える唇の奥へ連れて行った。

うん、もう見ないようにしよう。

すぐにおなか一杯になりそう。

誰かが言ってた、「ラーメンは飲み物」

これは半分当たってると思う。

勢いを失ったときのモヤシの重さは知っている。

幾多のパイセンの反省を生かし、勢いを持続。

最後の7mmを、よし、やっつけた。

ふう。

隣のパイセンは1次休戦中。

後ろから席まちの高校生、7人の視線を感じたので先に外へ出ることにした。

待つこと5分。

汗を光らせ、してやったぜ!的なドヤ顔で近づいてくるパイセン。

完食したからなのか。お腹がいっぱいで満足感なのか。

聞かなかったけど、なぜか、俺もうれしくなった。

そして、2つ隣の好青年が出てこないことも忘れて、帰路についた。。。

あれ?なんの話だっけ、あ、今、城ケ島、熱いっす!

ポイントも食事もリクエスト受付中!!

EARTH SOUND      アースサウンド

水が怖い…泳ぎに自信がない 途中で諦めてしまった… そんな方に! あなたに合ったスケジュールを組んで講習可能です。 まずはご相談ください!!

0コメント

  • 1000 / 1000